認定こども園 東明幼稚園 とうめい保育園

学校法人光武学園 認定こども園 東明幼稚園 とうめい保育園

Tel:0956-58-4011〒859-3244長崎県佐世保市江上町933-1

園長だより

4月

園の玄関を入った正面に東明公園の「桜の木」が、淡く薄い桜色の花を咲かせていました。
幼稚園に来られた方々は「綺麗ですね」「本当に春ですね」「桜って、私たちの目を楽しませてくれますね」など、おっしゃって楽しんでいました。
「春を感じる日」が今年は長く続いていました。でも、今は「葉桜」これもまた趣があります。私たち日本人にとって「桜」は特別な木。
一年の四季の始まりが「桜」。身も心も温かく感じさせてくれる「桜」
。幼稚園の一年が、子ども達や保護者の方また保育士が、桜の木のように、「温かく、穏やか」な気持ちで過ごせることを願って。この一年宜しくお願いいたします。

■園目標

保育士や友達と触れ合う中で、お互いを思いやる心を育てるとともに、様々な体験や活動を通して、「気づく」「考える」「行動する」力を育てる。


■クラス目標

  • すみれ組・・・
    意欲的に遊びや生活、行事に取り組み主体的に行動して充実感を味わう。
  • ちゅうりっぷ組・・・
    集団生活を通して、友だちとの関わり方や生活習慣を楽しく身に付ける。
  • こすもす組・・・
    毎日楽しく登園し、友だちと仲良く過ごす中で、身の回りのことも少しずつ自分で出来るように身に付けていく。
  • たんぽぽ組・・・
    ひとり一人の気持ちを受けとめ、保育士との信頼関係を築いていく。子どもの心身の成長・発達を促していく。
  • ■今月の様子

    入園式・進級式が終わって、一週間が過ぎました。子ども達も園にすっかり慣れてと言いたいのですが、まだまだ時間がかかるようです。しかし、ずっと泣いていた子も、ふとした瞬間に泣き止んでお友だちと一緒に給食を食べたり、製作のお絵描きを楽しんだりしている様子を見ると、子どもが「場」に慣れるにはあまり時間がかからないのではと思っています。ただなかには、大人と関わることが苦手なのか自分をまだ思い切って出すことができない子もいます。保育士は「あの手、この手」また、「押したり、引いたり」と、子どもと真正面から向き合っているうちに、朝泣いて登園していた子もいつの間にか友達の輪の中で遊んでいたり、手を繋いで散歩に出かけたりと、少しずつ行動範囲が広がっているようです。温かく見守っていきます。


    バックナンバー

    2019年4月-12月
    4月 5月 6月 7月 8月 9月
    10月 11月 12月 2020年1月 2月 3月

    ↑ PAGE TOP