認定こども園 東明幼稚園 とうめい保育園

学校法人光武学園 認定こども園 東明幼稚園 とうめい保育園

Tel:0956-58-4011〒859-3244長崎県佐世保市江上町933-1

園長だより

5月

桜の花もすっかり葉桜。今は新緑の季節。園舎から見える山々の木々は薄い黄緑、所々濃ゆい緑と、季節の変化を教えてくれます。
子ども達はこの山で季節を感じながら園庭で友達と遊びに興じ、あるいはお散歩で、虫を探し、お花摘みをしたりしながら、年齢に合った心の学びを一つずつ積んでいます。
この遊びや学びはこの子たちが大きく成長していくうえで心の糧になることを信じ、園の職員や保育士は常に「子どもと共に在る」ことを念頭に置いて日々保育にあたっています。
その、ひとつが制作。そして、自由遊び。今、幼稚園の壁面の飾りは「こいのぼり」。
各年齢に合った「こいのぼり」が並んでいます。子ども達の成長過程の姿をこの制作で見ることができます。年長組になると、名前も自分で書いています。幼稚園に来ることがありましたら、教室の前を除いてみませんか。
「こいのぼり」が気持ちよさそうに泳いでいますよ。また、自由遊びでは、「かまぼこ板」を使って、高く高く積み上げて塔を作ったり、(届かないときはイスの上に乗り積み上げていく)廃材やセロテーフ、ハサミ、糊などを使って思い思いの制作をし、それを使って友だちと遊ぶことをしている子ども達。
子ども達の創造力は大人の私たちには真似できません。いつか、この子供たちから「物つくり」の名人が出るかもしれませんね。

■今月のお誕生会

毎年、一つづつ年を重ね、しっかりした話し方で、自分の思いを伝えられるようになっていく子ども達。
今年も4月の誕生日会で、子ども達の楽しいお話を聞くことができました。

■子供たちの詩

子ども達の何気ない言葉を“詩”として書き留めた本「ことばのしっぽ」を、読む機会があり言葉の持つ意味、感性、そこに書かれている子ども達の澄んだ目、想像力、いつの時代でも、子ども達は変わらない心を持ち続けています。
読み進めていくうちに、笑いました。泣きました。考えさせられました。
ご紹介させていただきますね。
〇あめ (3さい)
「あめ ちょうだい  いっこだけでいいです  あか と みどり」
〇すみっこ(小2) 「すみっこにいました」


バックナンバー

2019年4月-12月
4月 5月 6月 7月 8月 9月
10月 11月 12月 2020年1月 2月 3月

↑ PAGE TOP